NEWS & TOPICS

ニュース&トピックス

ディテイリング

最近たまに登場するワード、ディテイリング。

今日はそのディテイリングの磨き作業をしておりました。

KAMIKAZE BASEと並行して、

ディテイリング専門のSpeed Oueenを運営していますが、まだまだディテイリングとは何ぞや?・・・という方が多いので、ここで少しご紹介。


Speed Queenのホームページ(https://speed-queen.jp/)ではよく登場するこの手の画像。


これは本日から施工している車のボンネットを半分で分け、片側のポリッシングが終わった所の画像。

どちらが施工前で、どちらが施工後かは、言うまでもないと思います(^^♪

1つ補足ですが、この車両・・・、特に“傷だらけ”の状態ではなく、いわゆる普通の状態。

通常お乗りのお車だと、これくらいかと思います。

シルバーとか、白系の車体色だと一見綺麗に見えますが、思いのほか磨きキズは入っています。


この車も太陽光下だとぼちぼち傷があるな~位。
業界的に分かりやすい表現にすると、4点レベルです。


これをガレージ内の特殊な照明下で見ると、これだけ傷が入っています。

向かって左側が洗車傷により白ボケしているのがお分かりかと思います。

反対側の右側の、一般的なポリッシングが終わった“肌”と見比べてみると

反射している照明の見え方が全然違うでしょう~?

塗装の磨きキズを除去することで、車が見違えるようにシャキッとします。

この画像のポリッシングは、一般的な施工が完了した位の状態で、ここからさらに磨き込む事も可能です。


詳しい事はご希望される方に合わせて、個別にカウンセリングをさせて頂く訳ですが、


新車であれ、中古車であれ、車にあったポリッシングを行ってあげることで、今以上のお肌に仕上り、さらにそれを保護するためのコーティングを施工してあげることで、いつまでも綺麗な状態を維持することが可能となります。


ご紹介の画像は、ディテイリングの中の“ポリッシング”の施工前後の比較で、他にもディテイリングの項目はたくさんあります。


外装だけでなく、もちろん内装の項目もたくさんあり、“キレイ”をお求めのお客様はあらゆる箇所の施工とコーティングを希望されます。


せっかくお乗りの大切なおクルマですから、きれいな状態に戻して、きれいな状態を維持してあげましょう!


詳しい内容はSpeed Queenホームページ(https://speed-queen.jp/)

もしくは弊社KAMIKAZE BASEまでお問合せください。



ちなみに明日以降もこの車両のポリッシングは続きます。少しの間、現車は店頭にありますので、施工前と施工後でどれだけ違うか・・・ご覧になりたい方はお気軽にお越しください!
現車を見たらビックリ( ゚Д゚)するはずですよ~!(^^)!